PLANNING

ギガソーラーの設計力

より高い発電量のために

豪雪地域から高温多湿地域まで
豊富な施工経験を生かし、
最適なモデルをデザインします

豪雪地域モデル

豪雪地域モデル
豪雪地域モデル

雪には太陽光線を強く反射する性質があります。豪雪地帯では雪を積もりにくくするため、通常より設置角度を上げて斜めに設置する「高所設置架台」をご用意。
高い耐久性を兼ね備えた架台は積雪180cmまで対応します。

高温多湿地域モデル

高温多湿地域モデル
高温多湿地域モデル

台風・強風・高波など過酷な塩害地域での設置実績があります。それらの経験を踏まえ強風対策としてフルカバーを搭載した架台、地盤に合わせた強靭な基礎など、十分に強度を満たした発電所提案が可能です。

写真左: 強風対策フルカバー

背面だけではなく、側面や背後も囲うことで強風地帯の設置も可能です。

一般地域過積載モデル

一般地域過積載モデル
一般地域過積載モデル

平成29年2月現在、運転開始後の発電所でも太陽光モジュールの増設により発電量を増加させることが可能になっています。影の影響を考慮しつつ、空きスペースへの増設で最大の発電量を追求する設計です。
現状の架台との連結が必要な場合はオーダーカスタム架台にて対応します。